営業職のキャリアコースとは?

私たちは“都内で働く営業マン”のための転職支援会社。

このblog上では営業マンの皆さんに役立つ転職ノウハウを、
コンテンツとして提供していきたいと思います。

まずは初回ということで大きな話。




「営業職のキャリアってどうなの?」




営業職というと、「手に職がない」という
イメージをもたれがちですが、事実はその正反対。

例えばITのエンジニアといえば「手に職」の典型イメージ。
しかし、逆にそれゆえに使える言語や開発対象に縛られます。
下手をすると、その言語全体の栄枯盛衰にまきこまれることも・・・

実は営業は「業を営む」という「手に職がない」仕事だからこそ、
業界に縛られない一番有利な職種です。


営業職のキャリアとしては大きく4つ・・・


1)会社を支える営業リーダー、マネージャー、
  役員としてのキャリアコース

    ⇒会社を支える“利益”をつくりだすのは営業職。
     その本筋をあがっていく道。


2)商品企画、マーケティング、経営企画など
  企画職としてのキャリアコース

    ⇒常に顧客として接しているのが営業職。
     市場の声を把握して、戦略/戦術をねる側への道。


3)採用や教育などスタッフ部門としてのキャリアコース

    ⇒教育に関してはすでにお分かりの通り。
     また、採用とは実は“優秀な人間を口説くこと”。
     限りなく営業のスキルを活かせる道です。


4)独立/起業という社外へのキャリアコース

    ⇒ご存知の通り、社長の出身職種として一番多いのが営業。
     会社というのは“売上をあげなければ存続できない”できません。
     だから、営業出身の方が一番多いんですね。


営業職がこれだけの選択肢をもてる理由とは、、、

 (A)常に顧客と接することで、
    市場の声を把握する能力がみにつく

 (B)売上や販管費など
    数字管理能力がみにつく

 (C)成功する企業・ビジネスモデルを数多く見ることで、
    経営センスが磨かれる

からです。



例えば、通信業界で営業職をされていたNさん(29歳)が、
外資系通信会社の営業企画職を経て、総合金融グループの
経営企画職へと転職されたキャリアなど、
まさに営業職ならではのキャリアアップ事例でしょうか。



セミナー予約


posted by 転職 at | 転職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。