転職しないという選択

今日、昼食に知り合いの女性と食事をしてきました。
彼女は現在、あるシステム会社の入社1年目。

「いま、どんな仕事をしているの?」と聞いてみたら、
「コンプライアンス」の仕事をやっているそう。

もともとSEとして入社をしていたので、
「あれ、はじめSEだったよね?」と確認してみたら、
先日、社内論文でコンプライアンスについて
投稿したら、それが社長賞をとり、
しかも内部統制の強化というタイミングにぶつかって、
いきなり異動になったとのこと。


彼女は自分の意思と行動で、
SEからコンプライアンスに異動したわけです。
では、もしこれが転職して、コンプライアンスに
なろうとしたら・・・ほぼ不可能です。


採用する側からみたら、
 【未経験で、しかも、うちの会社に詳しくない人】

 【未経験で、だけど、うちの会社には詳しい人】
だったら、
後者のほうが評価しやすいもの。


その意味では、転職において、職種を変えるということは
想像以上にハードルが高いものです。

スタッフ部門やマーケティング部門への転職を
希望して退職される方にたまにお会いしますが、
現実的には高いハードルへの挑戦になります。



“転職をする”ことより、“社内での異動をする”方が
ハードルも低いですし、良い結果になることが多いでしょう。

“転職してもいい”という覚悟を決められた方こそ、
その前に、“転職しない”という選択肢に
チャレンジしてみていただくといいのではないかと思います。


セミナー予約


posted by 転職 at | 転職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。