“できる人”とは?

先日、あるキャリアコンサルタントの方と
話をしたときに出た話題です。


“できる人=実績を出せる人”ですが、
じゃぁそれってどんな人?

例えば、“自分の人脈を持っている人”
“自分の専門性のある人”など言われることは
いろいろあるのではないかと思います。


その場で出た?結論としては、
 
 “市場価値の高い人”

 “他の会社でも欲しがられる人”



人材ビジネスの視点らしい答えですが、
ひとつの真実です。

ある企業内でだけ通用する力ではなく、
市場で評価される力をもっているかということです。

それが専門性だったり、ネットワークだったり
人によって変わります。



仕事をしながら常に、


「いまの自分は市場で評価される仕事をしているか?」


「選択肢に困らない仕事をしているか?」


を問いかけていくことで、逆に“転職しなくていい”
“転職に困らない”結果につながっていく
ことになると思います。


セミナー予約


posted by 転職 at | 転職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。